今の家庭用脱毛器は凄いです!

家庭用脱毛器の効果や安全性に不安を感じている人は多いのではないでしょうか?

確かに一昔前のものは効果が薄かったり、火傷をするような家庭用脱毛器が多かったので心配になる気持ちは分かります。

ただ、それはもう過去の話です。

今の家庭用脱毛器はみなさんが考えている以上に凄いです。

性能・品質ともに格段にアップしており、最新技術が集約されています。
業務用の美顔・脱毛器メーカーによって開発されたものもあるので、以前と同じようなイメージで使用されると良い意味で期待を裏切られるはずです。

現在の家庭用脱毛器の主流は光脱毛です。

光脱毛とは脱毛サロンでも採用されている最新の脱毛方法で、肌に優しく痛みが少ないという特徴があります。
これによって脱毛時の肌トラブルを予防し、痛みを感じることなく脱毛ができるようになりました。

脱毛効果も強く、何度も照射することによって永久脱毛に近い効果を得ることだって可能です。

家庭用脱毛器を購入すれば、この光脱毛をわざわざ脱毛サロンに行かなくても自宅で体験できてしまいます。

しかも、脱毛サロンに通うよりも圧倒的に安く脱毛できるため、経済的負担も非常に少ないですし、デリケートな部分にも使用できるので恥しい思いをする必要もありません。

 

 

 

家庭用脱毛器クチコミランキング

家庭用脱毛器というと価格が高くて手が出せないイメージがあるかもしれませんが、エピナードであれば大丈夫です。
エピナードは定期購入をすると初回9800円から脱毛がスタートできる手頃な家庭用脱毛器です。
業務用脱毛器・美顔器メーカーが開発したものなので、一般的な家庭用脱毛器よりも性能が上です。
肌に優しく痛みが少ないIPL光脱毛でストレスなく使い続けることができます。
カートリッジを交換すると脱毛器から美顔器に変身し、フェイスケアまでできてしまいます。
さらにワキ・お腹・Vライン・脚・腕・背中・指・ヒップなど全身360度どこでも脱毛可能です。
脱毛箇所が限られている家庭用脱毛器も多いですが、エピナードであれば基本的にどんな場所でも脱毛できるので一台あれば自宅がサロンに早変わりです。

そして、他の家庭用脱器と比較すると照射面積が非常に広く、広範囲の脱毛でもあっという間に終わらすことができます。
照射口は業界最大級の7平方センチメートルと大変ワイドに作られています。
また肌をボタン1つ押せば冷やしてくれるクーリング機能が搭載されているので、冷却準備をわざわざする必要もありません。
男性も使用できるのでメンズエステに通いづらい人にもおすすめの家庭用脱毛器です。

価格 初回限定 9,800円(税込) 送料無料
備考
<商品内容>本体 / 体用EPIカートリッジ / 光美顔用FACIALカートリッジ / 専用モイストケアジェル / 遮光用サングラス

公式サイトへ

 

2位 ケノン
ケノンは家庭用脱毛器で大ヒットを記録したイーモリジュの進化版です。
イーモリジュは性別を問わず女性でも男性でも使用できる家庭用脱毛器として爆発的な売上げを記録しました。
そんなイーモリジュのメリットをそのまま引き継ぎ、さらに進化したのがケノンです。
通常の家庭用脱毛器だと顔の産毛を処理するのはとても難しく、ほとんど効果がありません。
しかし、ケノンは一般的に家庭用脱毛器だと困難だといわれている顔の産毛も脱毛可能です。
もちろん、水着を着る時に気になるVラインの脱毛もOKです。
それだけではなく、眉毛用の脱毛器も付いているのでデリケートな部分の脱毛も簡単に行えます。

照射面積は3.5×2cmと業界最大級の広さとなっていて、一度の広範囲のムダ毛を処理できます。
ワキ程度なら数回照射するだけなので5分もかかりません。
連射モードを搭載しており、1連射、3連射、6連射から選択可能です。
連射回数が多い方が肌への負担が少なく、痛みも小さくなります。
肌が弱い人や痛みに敏感な人は6連射、肌が強く素早く脱毛したい人は1連射を選択されてください。

また、家庭用脱毛器の問題点としてよく挙がるランニングコストもとても低いのでコストパフォーマンスにも優れています。

価格 72,800円(税込) 送料・代引き手数料無料
備考
<商品内容>本体 / 脱毛カートリッジ / スキンケアカートリッジ / まゆ毛用脱毛器 / ゴーグル / 取扱説明書

公式サイトへ

 

ヒカリエピは金銭面で脱毛を諦めていた人におすすめの家庭用脱毛器です。 本体価格は24800円と大変低価格で送料も無料です。
さらにカートリッジ代も3980円と手頃なので全身脱毛にもってこいです。
従来の家庭用脱毛器では考えられなかった驚きのコストパフォーマンスで使用できるため、現在女性を中心に高い人気を誇っています。
使い方もシンプルで使用前に脱毛部位の毛をカミソリや電動シェーバーで剃り、照射をするだけです。
誤照射を防ぐセンサーを搭載しているので安全面も考慮されています。

ヒカリエピに使用されているIPL光は肌に優しい光です。
家庭用脱毛器を使用すると肌荒れをしてしまう人も多いですが、ヒカリエピであれば肌トラブルの心配をせずに脱毛ができます。
さらにIPL光には毛穴の引き締め効果や肌のトリートメント効果もあるので美肌作りにも有効です。
照射面積は7平方センチメートルとワイドになっており、時短脱毛が可能です。
また、出力を3段階あり、脱毛箇所によって自由に選択することができます。
ハンドピースもたった102gしかないので使い心地がいいです。

ここまで低コストで脱毛できる家庭用脱毛器は他にはないといっていいかもしれません。

価格
備考

公式サイトへ

 

4位 トリア
トリアはアメリカのFDAが認可した家庭用脱毛器です。
家庭用レーザー脱毛器の中でFDAが認可したものはトリアだけです。
サロンが採用しているのはフラッシュ脱毛(光脱毛)と呼ばれる光のエネルギーを利用した脱毛方法です。
効果が高いレーザー脱毛はサロンではできず、脱毛クリニックに通うしかありません。
しかし、トリアであれば自宅でレーザー脱毛が簡単にできてしまいます。
もちろん、脱毛クリニックで使用している機械よりもパワーは低く作られていますが、効果は十分あります。
光脱毛では上手く処理できなかった場所でもトリアを使用すれば綺麗なツルツル肌になれるかもしれません。

そして、トリアは経済的負担が非常に少なく家庭用脱毛器として有名です。
光タイプの脱毛器を購入するとカートリッジの交換をしないといけないため、ランニングコストがかかります。
カートリッジの価格は安くても4000円、高い場合でも6000円や7000円もしてしまいます。
全身脱毛をするとなるとあっという間にカートリッジを交換しないといけないのでコストがかかって仕方がありません。
一方、トリアは本体さえ購入してしまえば、それ以降お金がかからないので、コストにこだわる方におすすめの家庭用脱毛器です。

価格 49,800円(税込) 送料無料
備考
30日間返金保証

公式サイトへ

 

デザインが中性的なセンスエピは女性だけでは無く男性からも支持されている家庭用脱毛器です。
美容大国イスラエルで開発された家庭用脱毛器なので性能は折り紙つきです。
イスラエルのスキンケア商品は非常に優れており、世界中の女性に使用されています。
特に脱毛器に使用されている光技術に関しては高い評価を得ています。

センスエピには肌色センサーという他の商品では見られない機能が搭載されています。
肌色センサーとは肌の濃淡を自動的に確認する機能です。
仮に肌が日焼けをしていて黒くなっている場合は脱毛に適さないと判断し、光が照射されません。
このような安全機能を搭載しているので肌荒れを起こすリスクが非常に少なく、安心して脱毛ができます。
さらに照射をする際にジェルを使用する必要もないので無駄なコストもかかりません。

そして、2cm×3cmという家庭用脱毛器トップクラスの照射面を誇っているためスピーディーな脱毛が可能です。
背中や腕といった広範囲の脱毛も楽々行うことができ、ワキくらいなら約3分で完了です。
忙しくて時間がないという女性でも自分のペースで毎日コツコツ脱毛ができるので、1年?2年くらいで全身ツルツル肌に導いてくれます。

価格 特別価格:37,000円(税抜) 送料無料
備考
<セット内容> 本体 / ハンドピース / ランプカートリッジ / 取扱説明書 / DVDマニュアル

公式サイトへ

 

 

 

 

 

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛を購入する時に知っておきたいのがどのような種類があるのかです。

一言で家庭用脱毛器といっても「レーザー脱毛」「サーミコン式」「光脱毛」の大きく3種類に分けることができます。

この3つにはそれぞれメリットとデメリットがあるので、そのことを理解した上で自分に合ったものを選びましょう。


レーザー脱毛は3種類の中で最も脱毛効果が高いタイプです。

ただ安全性を考慮して、脱毛クリニックに使用されているものよりはパワーが弱めです。

脱毛パワーが強いレーザーを肌に照射させるため肌への刺激が大きく火傷・肌荒れを起こす可能性があります。

また脱毛時に痛みを感じたり、照射面積が狭いので広範囲の脱毛に不向きというデメリットがあります。


サーミコン式は毛を熱で焼き切るタイプなのですぐにまたムダ毛が生えてきます。

脱毛時に熱さ・痛みを感じることが多く、火傷のリスクが非常に高いので注意が必要です。

太い毛を処理するのが難しかったり、体の曲線部分を脱毛するのが困難という問題点もあります。


光脱毛は脱毛サロンで使用されている脱毛方法で、レーザー脱毛よりは威力が低いですが十分な脱毛効果を実感できます。

肌への刺激が弱いため火傷・肌荒れを起こす危険が少なく、痛みも小さく快適に脱毛ができます。

照射面積が基本的に広いので、広範囲の脱毛にとても向いています。

 

 

光脱毛器を購入する際の注意点

家庭用脱毛器でいまや主流となっている光脱毛器ですが、様々な種類があるのでどれを購入すればいいのか迷われることが多いでしょう。

そこで光脱毛器を購入する際の注意点をご紹介するので選ぶ時の参考にしてください。


まず、照射面積の広さは絶対に比較するようにしてください。

照射面積が広ければ広い方が短時間で脱毛が終わらすことができますし、照射回数が抑えることができるのでランニングコストも安いです。
特に全身脱毛で使用したい場合はこの照射面積を重視しましょう。

また、カートリッジのランニングコストも光脱毛を選ぶ時に非常に重要です。

光脱毛器は本体を購入するだけでOKという訳では無く、カートリッジがないと使用することができません。

カートリッジは消耗品なので使用すれば使用するほどどんどん消費していき、無くなったら新しい物を購入しないといけません。

照射回数が多くて、価格が安いタイプを購入しないとランニングコストが予想以上にかかってしまって脱毛サロンに通った方が安くなる場合もあります。

本体価格も大切ですが、必ずカートリッジのランニングコストにもこだわってください。

そして、ハンドピースの性能もチェックしましょう。

ハンドピースの性能は種類によって大きく異なり、中にはすぐに熱を持ってしまってクールダウンさせないと使用できないものもあります。

そうなってしまうと脱毛するのに時間がかかってしまうので、冷却性能に優れたハンドピースの家庭用脱毛器を選びましょう。

 

 

販売サイトは信用するのは危険です

家庭用脱毛器の販売サイトを見てみると基本的に良いことしか書いていません。

自社の製品を勧めるのにわざわざ悪いことを書く必要はないので当然といえば当然です。

仮に悪いことを書いてしまうとそれが売上げに悪影響を及ぼす恐れがあるので書かないのが普通です。

これは家庭用脱毛器に限らず、全ての商品にいえることです。

そのため、販売サイトだけの情報を信じて購入してしまうと後から後悔するかもしれません。


では、どうすれば安心して家庭用脱毛器を選ぶことができるのでしょうか?

それは各家庭用脱毛器の性能を比較することです。

性能は販売サイトに掲載されているので、それを比較してみてください。

チェックしたい項目は「脱毛方法」「本体価格」「照射面積」「連射機能」「脱毛パワー」「ランニングコスト」「ハンドピースの性能」「静音性」「付帯機能」といったところです。

これらの項目を比較すると各家庭用脱毛器のメリット・デメリットが分かるはずです。


そして、実際に使用した方の口コミを必ず参考にしてください。

口コミをチェックすると販売サイトでは掲載されていないような情報を知ることができます。

ただし、中には信憑性が低い口コミもあるので全てを鵜呑みにしてはいけません。

 

 

売れてる脱毛器の口コミ

家庭用脱毛器の効果はどのくらい?

脱毛に適した時期はある?

連射回数を使いこなそう

綺麗にならない人の共通点

意外と知らない脱毛器のデメリット

 

 

掲載について

このサイトにリンクしていただいたページランク 1 以上、発リンク数 100 以内のサイトは、新規登録フォームで登録すると即時に掲載されます。

 

新着

 

トップページ紹介サイト

この続きは サイト集 グループ 1 で紹介しています。